<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ろくちゃん写真館。   

眠い・・・けど遊びたいの。
と、旦那さんの前に行ってこんな顔をしてたって。

a0127395_17272589.jpg

[PR]

by shimamichi666 | 2011-03-27 17:29 | ろく

大地震その後。   

2週間経ちまして、ここは不自由の無い生活を送っています。
計画停電はあるけれど、この地域はまだ一度も停電になっていません。通勤で使う私鉄は、通常の50%程度、常磐線は60%で走っているため、朝はすごく早く出てしかも常磐線はぎゅうぎゅう・・・でも大丈夫!文句は言いません。
2番目の姉が原発から50㌔くらいのところに住んでるのですが、地震から1週間後にやっと水が出たそうです。食べ物は、ガソリンが無いから買い物に行けず、肉と米しか無い、と言っています。まだまだガソリンが行き届いてないのが現状です。実家の父も同じですが、自家栽培の野菜があるので食には困っていないと昨日言っていました。

原発の影響はこの辺りにも来ていて、浄水場で放射性ヨウ素が高い数値で検出されてるらしい・・・飲み水は元々水道水は飲んでなかったし、乳児もいないけど、なんだか気になります。

今日は台風並にすごい風が吹いてるし、花粉が猛烈に飛散してるのが家の中にいても感じます。
せっかく晴れてるのに買い物に行く気にもなれません。明日は結婚記念日です。明後日からは結婚7年目に突入です。
[PR]

by shimamichi666 | 2011-03-26 11:47 |

大地震。   

皆さん無事でしょうか?
信じられない事が起こってしまいました。阪神淡路大震災の時も信じられなかったけれど、今回津波があんなに恐ろしい物だと初めて実感しました。

私はビルの15階にいて、ビル自体が遠心力でぐるぐる回ったので、横揺れが長く続いた記憶がありますが、「あ、死ぬんだな」と思った恐怖は初めてでした。
JRが止まり、「会社に泊まれ」と言われたけれど、ろくが心配で一刻も早く帰りたくて、同じ方面の同僚と2人で夜中まで歩き、彼女の実家で少し休ませてもらい、翌朝からまた歩いたりバス、タクシーを乗り継ぎ、地震から約24時間後にやっと自宅に着きました。15キロくらいは歩いたようです。

テレビの情報で、電車が走り始めたというから駅に行くと、実際は「混みすぎて止まってしまって動く見通しが立たない」という状況で結局1駅歩いたり、携帯の電池が無くなり、どこにも売ってないので公衆電話に並んでいたら公衆電話が故障したり、色んなことがあった1泊でした。

旦那さんは地震のあった日は休みで家にいたのですが、発生した時はどうして良いか分からず、ろくと一緒に1階と2階を往復してしまった、と言っていました。色々倒れたみたいですが、何一つ割れたり壊れたりした物は無く、築30年の家も意外と大丈夫でした。直下型の縦揺れだったら潰れていたと思われます。
旦那さんは自衛官なので、すぐに最寄の駐屯地に出発しましたが、その時ろくがずっと震えていたようで、それをメールで知ったので歩いてでも帰りたかったのです。
家に着いてろくを呼んでも出てこない、10分くらい探してもどこにもいない。怖すぎて死んでしまったのかと諦めていたら、階段からのそーっと顔を出してきて・・・。嫌がるろくを捕まえてギューっとして泣きました。ろくもずっと怖かったろうに、1匹で頑張って耐えてくれてました。
旦那さんは地震の翌朝早く1度家に戻れたらしく、その時ろくはやはりいなくて、寝ている部屋を探していたら、私の布団の中から出てきた、と後から聞いたので、きっと私が帰ってきたときも布団に潜って隠れていたのでしょうね。ご飯も食べてないしトイレもした形跡が無かったので。
昨日帰ってきてからも余震が続いていますが、その都度すごい勢いで2階に上がっていきます。私も怖いけどろくはそれ以上に怖いだろうな・・・

さっき旦那さんと地震以来初めて会いました。災害派遣に行く前に家族と会っておけ、という配慮だそうです。まだいつから、どこに、というのは聞いていませんが、しばらくは帰って来れないでしょうね。無事に救助や援助に当たってくれると良いです。

実家のある福島県中通りにいる姉達や父は無事でした。姉の1人の家は断水しているようですが、他は大丈夫との事。一番上の姉は、ショックから吐き気が止まらない、とのこと。
想像を絶する体験をしてしまいました。もうこんな事は起こらないで欲しい。行方不明や死者がたくさん出ていて、命があるだけでも本当にありがたい、と思います。1日でも早い復興が出来れば良いと思います。
[PR]

by shimamichi666 | 2011-03-13 15:49 | その他