「ほっ」と。キャンペーン

入院~手術~退院。   

ご無沙汰してしまいました。
今年は良い事が少しでもありますように…

年末発見された旦那さんの結石をレーザーで粉砕する手術が終わり、今日1日遅れで退院しました。
入院するまでは、この3泊4日で石が全て下りて、退院と共に元通りな食生活になるかな、などと考えていましたが、甘かったです。
手術自体は1時間弱で終わり、車椅子で部屋に戻って来てからは、麻酔が効きすぎてしまい、面会時間終わるまで眠りっぱなしでした。看護士さん曰わく、「一番弱い麻酔なのにこんなに寝る人、初めてかも」という事。素直で単純、ってことなのでしょうか。

翌日は薦められたら運動がてら近所を散歩、軽くジョギングをして、石を動かして排出されるようにちょっと頑張ったようです。どこも痛くなく、食欲もありました。

そして昨日は、旦那さんにとっての地獄が訪れたのです。一日中言いようのない痛みが続き、会話が出来ない状態でした。前日の夜中から痛くなり始めたようですが、ナースコールは夜中は押しちゃいけないかと思って、朝になるまで痛いのを我慢したそうなんです。朝、看護士さんが来た時に、ベッドで丸くなってる旦那さんを見てビックリしたと言っていました。そんなだったとはこっちもビックリですよ。何のためのナースコールですか!
痛み止めを点滴に追加してもらい、またずーっと眠りっぱなしの状態に。

今日の退院が心配でしたが、今朝行くと、まあまあな感じでしたので一安心。9時前にレントゲンを撮って、先生の説明を聞くと、砕いた石が予想よりだいぶ大量に排出されていたそうで、残りはあと1割くらいのようでした。きっと、頑張って運動して石が動き、たくさん一気に尿管の方に我先にと駆け込んだ状態になり、昨日の激痛に繋がったのでしょう、と言うことでした。
あともう少し、たまに痛みがあり、排出されて、1ヶ月くらいかけて完全に出ていくようです。

内服薬をもらったのですが、そのうちの一つが強過ぎるようで、胃がムカムカして、食欲が全く出ないので、食べられず、体力が無くなっているためにフラフラしています。先生曰わく、普通に何でも食べられる
という事ですが、お粥を茶碗半分だけで限界でした。食べないと体力が落ちるし、でも薬も飲まないといけないのか、と思ったり…
当の本人は辛いのでしょうけど、私はというと、今後の食生活をだいぶ変えなければいけないだろうというプレッシャーが今は強いです。結石は半数以上は再発するらしいので。来月退院後の検査に行った時に、石の成分が分かっているので、今後の生活のアドバイスをもらえるそうです。
月曜日から車運転して仕事に行けるとはとても思えない状態なんですけど、大丈夫かしら??
[PR]

by shimamichi666 | 2012-01-28 21:40 | その他

<< 回復。 3才になりました! >>